防犯カメラの効果

家庭用として購入できる防犯カメラがあります。防犯カメラを取り付けることで自宅に泥棒が入るのを未然に防ぐことができたり、万が一泥棒に入られてしまった場合でもその証拠を押さえておくこともできます。その防犯カメラの選び方をランキング形式でご紹介します。

防犯カメラの特徴ランキング

no.1

丸型の防犯カメラ

第1位は「丸型の防犯カメラ」です。丸型の防犯カメラは、広い範囲を撮影することができるということで家庭用の防犯カメラでとても人気のある商品です。録画機能付きのものなどもあり、自分が監視したい場所を操作して記録することも可能です。

no.2

複数設置できる防犯カメラ

第2位は「複数設置できる防犯カメラ」です。監視したい場所が玄関だったり門だったり、または室内だったりと多くの場所に防犯カメラを設置したい場合もあると思います。その場合は、複数台設置した場合でも離れた場所から全ての映像を確認できるものを選ぶと良いでしょう。

no.3

雨風に強い防犯カメラ

部屋の中ではなく外に防犯カメラを設置する際におすすめのものです。外に設置する場合に雨で濡れて故障してしまったり、風で壊れてしまったりなどしては設置した意味がなくなってしまうということで第3位に選ばれました。しっかっりと取り付ける環境を決めてから防犯カメラを選ぶようにしましょう。

no.4

モーション機能付きの防犯カメラ

防犯カメラで一日中録画するとなると、かなりの容量が必要です。しかし、その容量を節約することができるカメラがあります。動きの合った場合のみに撮影できるため、容量も節約できるということで「モーション機能付きの防犯カメラ」が第4位に選ばれました。

no.5

暗視機能付きカメラ

第5位は「暗視機能付きカメラ」です。就寝時に使用することもできますし、暗い屋根裏や床下などでも使用することができるものです。暗視機能付きカメラには赤外線LED搭載のものもありますが、白黒ではなくカラーで撮影できるものもあります。カラーのほうが何かあった場合により鮮明に現場を記録できるという効果もあります。

[PR]

鍵をなくしたと焦っているなら此方☆
プロがすぐに駆けつけてくれる♪ 盗聴器調査を依頼する。
相談から作業の流れがスムーズ!

防犯カメラの機能

家

防犯目的以外で選ぶ

防犯目的以外には、見守り機能付きのカメラがあります。赤ちゃんをベッドで寝かせて台所でミルクを作る際に赤ちゃんの様子を確認できたり、自宅でペットを留守番させる際に外出先からでもペットの様子をリアルタイムで見ることができるものです。このように防犯目的以外でもカメラを使用することができます。

個人情報の取り扱いに注意する

防犯カメラは、防犯目的で自宅の敷地内を撮影・録画するものですが、もし関係ない人やその人の所持しているものを撮影してしまうと個人情報を撮ってしまったということになってしまうので、撮影する範囲をできるだけ狭めたり、録画した記録の取り扱いには注意するようにしましょう。

防犯カメラを選ぶ

防犯カメラの購入を検討している方は、まず防犯カメラの選び方を学んでおくことで目的にあった機能のついたカメラを選ぶことができます。その防犯カメラを選ぶ際のポイントについてご紹介します。

防犯カメラを選ぶ際のポイント

防犯したい場所に合わせて購入する

防犯カメラを購入する際に一番注目しておきたいポイントは、「防犯したい場所」です。家の中に設置するのか、または玄関や門などの屋外に設置するのかでも防犯カメラのタイプは変わってきます。屋外に設置する場合は雨風に強いものを選んだりするとよいでしょう。

時間帯で選ぶ

防犯カメラは、設置する場所以外にも、撮影したい時間帯で選ぶことも大切です。昼間の出かける時間帯以外にも、夜の就寝時に撮影したいとお考えの方も多くいます。その場合は、暗闇でも撮影できる暗視機能のついた防犯カメラを購入しましょう。

目的に合った機能で選ぶ

設置場所と時間が決まったら、機能で選ぶことも大切です。録画機能の付いている防犯カメラや、遠隔で監視することができるタイプのものもあるため、きちんと目的に合った機能で選びましょう。監視する時間が取れない方などは、録画機能付きの防犯カメラをおすすめします。

予算に合わせて購入する

世の中にはたくさんの防犯カメラが販売されており、それぞれ値段も異なってきます。低価格で購入する場合は機能が低くなってしまうなどの可能性もあるので、しっかりと予算と目的を決めてから選ぶようにしましょう。

カメラの耐久年数

カメラの耐久年数はだいたい5~6年ですが、メーカーによっても耐久年数は変わってくるのでその部分にもしっかりと注目しましょう。また、長期間使用する場合は定期的に点検を行ったり、掃除を行うことでカメラを長持ちさせることができます。

盗聴器調査や貴重品をしまえる金庫について

男性

身近に隠れている盗聴器

年間に数十万台もの盗聴器が出回っていると言われているので、盗聴器は案外身近に隠されている可能性もあります。不安な方は、盗聴器の仕掛けられやすい環境にいるのか、チェックし、盗聴器調査をプロの業者に依頼してみましょう。

READ MORE
金庫

通販で金庫を買う

金庫にはさまざまなタイプがありますが、目的に合わせたものを選ぶことが大切です。最近では通販で金庫を購入することもできるようになったので、通販サイトで金庫の種類や特徴を調べ、自分に合った金庫を選んでみましょう。

READ MORE

[PR]

広告募集中